1泊2日でどこいく?

公共交通機関のみで行く、ひたすら地味なゆるひとり旅

2018年11月香川① たまには女子が好みそうな旅をしてみる

いつも1泊旅ですが、今回は連休が取れたので2泊3日で香川県に行ってきました。

 

美味しいうどんが食べたいな〜という安直な理由で決めた香川行きですが、

どうやら最近は瀬戸内の島々がインスタ映えするとかで、若いおなごに大人気の模様。 

神社仏閣ばっかり行ってるわたくしですが、たまには巷の女子がするような旅をしてみよう! 

 という裏テーマ(?)を掲げまして、羽田から高松へ。

ANAのCAさんたちの接遇に癒やされたり学んだりして、1時間の空の旅。

 

香川県といったら!こんぴらさん参り

まず向かったのは、こんぴらさんこと金刀比羅宮

のっけから女子要素が行方不明…

 そして曇天。

f:id:momonoco:20181115233539j:plain

高松空港から琴空バスで約45分。JR琴平駅の1つ手前、大宮橋バス停で下車。

橋を渡ったら琴電琴平駅です。

駅のコインロッカーに荷物を預けて、参道へ。

 

 ちなみに、金額は1500円。バス乗車券は空港の券売機で買えますよ〜

 

お昼はもちろん讃岐うどん

天気はパラパラと雨模様。朝まで晴れの予報だったはずなのに…おかしい。 

傘をさす程でもない降りの中、先に昼食をとるべく参道をすすみます。

初めての讃岐うどんは、店頭でお姉さんが迎え入れてくれた「こんぴらうどん」さん。

ベーシックに、しょうゆをいただきます。

温かい麺に、カツオ節、ネギ、生姜がトッピングされています。そこにお好みで醤油かけていただくスタイル。

f:id:momonoco:20181115233722j:plain

麺が写っていませんね…

関東にあるチェーンの讃岐うどんしか食べたことがなかったので、想像を超えるおいしさに衝撃をうけました。

コシはあるけど、固いわけじゃなくて。つるつるっとどんどんいけちゃう。

本場でいただく本物は違いますね〜 旅の醍醐味。

 

さて、お腹がくちくなったところで。

 

こんぴらさんって、こんな神社

正しくは金刀比羅宮(ことひらぐう)という、象頭山中腹にある神社です。

参道から本宮までは、785段のなが〜い石段!これを登らないとお参りできないことでも有名です。

ご祭神は、大物主神(オオモノヌシノカミ)と崇徳天皇

大物主神は奈良の大神神社と同じ神様ですね。

ちなみにこの大物主神は、大国主神オオクニヌシノカミ。出雲大社のご祭神)の和魂(にぎみたま=神様の穏やかな性格)と言われています。

つまり、同じ神様だけれど、性格毎に違う名前をお持ちってこと。

大国主神は色々な別名がありますからね。このへん複雑です。

 

神仏習合の時代は、ワニが神格化された金比羅大将(クビラタイショウ、宮毘羅とも) が祀られていたため、航海安全など水にまつわるご利益があるとされていたそうすよ。 

 

ご神徳はオフィシャルだと「農業殖産、漁業航海、医薬、技芸など」となっておりますが。

金運とか縁結びの説もあるみたい…?なんだか盛りだくさんです。

それだけ沢山の人々に大切にされ、信仰されてきたってことなんでしょうね。

 

いざ、785段!

f:id:momonoco:20181116234916j:plain

 お土産屋さんの並ぶ参道をすすみます。カフェなんかもある。

f:id:momonoco:20181116235105j:plain

 113段。一坂鳥居。

f:id:momonoco:20181116235247j:plain

 備前焼狛犬さんが格好いい。

 

さらに登っていきます。

だんだんお店を見る余裕が減っていき…ちょっと息もあがってきました。

365段、大門。笑顔でしあわせ。こんぴらさん

f:id:momonoco:20181117000317j:plain

 疲れがではじめたところでこのスローガン効きますわ。

f:id:momonoco:20181117000817j:plain

振り返るとこんな感じ。

写真で見るより、結構高さを感じます。  

f:id:momonoco:20181117000953j:plain

門をくぐると、加美代飴を売る五人百姓の方たち。

ブラタモリでみたやつ!ミーハー根性がうずきますね。笑

 

f:id:momonoco:20181117001444j:plain

f:id:momonoco:20181117001752j:plain

 桜馬場西詰銅鳥居。

ここで431段。

こちらの左手に御厩があり、神馬がいます。

 

石段なので、足に響くわぁ。f:id:momonoco:20181117002523j:plain

 595段。銅馬〜かなり立派で思わずパチリ。

広場のようになっており、祓戸社と火雷社、手水場があります。まずここでお清め。

f:id:momonoco:20181117161055j:plain

少し登ったところに旭社というお社がありますが。

ここは帰りにお参りするところらしいので、一旦通過。

 

f:id:momonoco:20181117002826j:plain

黄銅鳥居、賢木門(さかきもん)と続いてくぐります。

ここを抜けると、ぐっと神域という感じが強まりますね。

石段も、642段目!

でもまだ100段以上あるの…

 

伊勢等遥拝所や真須賀神社などにもお参りしつつ。

 

654段。

御前四段坂。ここを登ればご本宮です!

f:id:momonoco:20181117003639j:plain

最後がまた急でしんどい〜

 ついに!

 

785段!

f:id:momonoco:20181117004448j:plain

 ご本宮到着!

山の中腹とは思えないほど、立派な社殿。圧倒されます。

階段を登りきってこのお宮を見たら、ありがたや〜って気持ちになって自然と手を合わせたくなりますね。

 

疲労はもちろんあるんですが、妙な達成感で満ちています。

今日からの香川旅が、安全で良いものになるようにお願いしてきましたよ。

 

f:id:momonoco:20181117005010j:plain

提灯にこんぴらさんのモチーフが映えます。

 

f:id:momonoco:20181117004852j:plain

785段登ったからこそ見られる景色を楽しみます。

 

雨模様ならではの表情。

水にまつわる神様には、雨空も似合います。

 

裏テーマの女子旅全然まっとう出来ないまま、奥社へ向かいました。